高知の生命保険、学資保険、火災保険のご相談なら高知駅北口保険ショップFA高知にお任せ 下さい!保険会社35社の中から保険のプロがあなたにぴったりの 保険選びをお手伝い。ご相談は無料ですのでお気軽にどうぞ。

トップ > お役立ち情報 > 家を建てる時に「生命保険見直し」を勧める本当の理由

家を建てる時に「生命保険見直し」を勧める本当の理由

2014/02/08

カテゴリーお役立ち情報

どうも、西山です。

 

takasi

 

 

今日は新築の火災保険のご相談を3件お受けしました。

 

住宅ローンを組んでお家を建てる場合、お家のお引き渡しまでに火災保険の加入が必須のケースがほとんどです。

 

お引渡しまで余裕がある場合は、ご希望であれば7~10社のお見積りを見ていただいて、各社の特徴をお話させていただき、

 

「○○ではこんなに保障のことを説明してくれなかった!」
「こうやって比べてみると分かりやすいですね。」

 

なんてお声もたくさんいただくんですが、

 

火災保険のご相談時に一応お話するのが生命保険のお話です。(※ご希望の方のみ)

 

マイホーム

 

「家を建てるときは生命保険の見直し時期ですよ。」

 

なんとなく聞いたことがあると思います。

 

 

これを聞くと

 

「借り入れ(住宅ローン)が増えたからまた生命保険に入れ!っていうんでしょ?」

 

と思われるかもしれませんが、 実はそうではありません。

 

 

●家を建てる時に生命保険を見直す理由

 

まず生命保険、特に死亡保障の基本的な考え方ですが、

 

万が一の時も家族が困らないように。」

 

ほとんどの方がこういう目的で加入されてるはずです。

 

 

ですので、

 

「いくらお金があったら困らないのか?」

 

を計算する必要があるんです。

 

 

この

 

「いくらお金があったら困らないのか?」

 

を、専門用語で

 

「必要保障額(ひつようほしょうがく)」

 

と言います。

 

 すごくざっくりな話ですが、

 

・住居費(家賃、住宅ローンなど)
・生活費
・子どもが大きくなるまでの教育費
・お葬式代

 

これらを合計して計算していきます。(※本当は、ここから配偶者の収入や遺族年金を差し引いて、「必要保障額」としますが、今日は割愛)

 

 

現在賃貸アパートに住んでいて、お父さんが万が一後も引き続き賃貸アパートに住み続けるなら、必要保障額は

必要保障額1

 

となりますが、

 

住宅ローンを組んでお家を建てると、万が一時は住宅ローンがなくなりますので、住居費がいらなくなりますよね。団体信用生命保険に加入の場合

 

 

したがって、必要保障額は

必要保障額2

 

という風になります。

 

このように住宅ローンを組んでお家を建てると「必要保障額」は減るんですね。

※団体信用生命保険に加入の場合

 

 

増えるんじゃないんです。減るんですよね。

 

 

当然、必要保障額に合わせて保障を下げると保険料は安くなりますよね。

 

 

もし、掛け捨てで必要以上の保障に加入されてる場合は見直して、お子さまの教育費や、老後の資金に充てるのも一つの「家計の見直し」ですね。

 

 

まあそんな感じで。

 

「お家を建てるときは生命保険の見直しの時期ですよ。」

 

マイホーム

 

ご理解いただけましたでしょうか?

 

 

今日は「家を建てる時に生命保険見直しを勧める本当の理由」についてお話しました。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

PS、
あくまで計算上のお話ですので、これらを頭に入れながら

 

「いくら必要か?」に加えて「いくら残したいか?」

 

を検討してくださいね。

 

 

また、実際に保険の見直しの際には、現在の保障だけでなく、

 

「いくら」の保障が「いつまで」続くのか?

 

を確認しておくと、将来の見通しもつくと思います。

 

 

あなたの保険選びの参考に少しでもなれば幸いです。

 

 

 

●フラット35で住宅ローンを組まれる方はもしかしたらコチラも参考になるかも知れません。
 

一覧に戻る

 

FA高知ではみなさまの
保険のお悩みを解決します。
まずは無料相談をご予約ください。

保険無料相談実施中

お電話の受付時間外や
「電話は苦手!」という方は
WEBから予約